FC2ブログ

デジカメ・携帯で撮った写真から位置判定ー個人情報漏洩の危機


デジカメで撮った写真から位置判定ー個人情報漏洩の危機ー



map.jpg

デジカメで撮った写真には、EXIF(Exchangeable Image File Format )
と呼ばれる情報があり、そこにはフラッシュの使用情報と、
どのデジタルエフェクトを使用したか、いつ撮られた写真かなどの
情報が記載されています。



EXIFにはさらに、どこで写真が撮られたかの正確なGPS情報が記載されています。
この情報には簡単にアクセスできて、しかもGoogleMapsのようなソフトに
はめ込むことができてしまいます。
アマチュア写真家が自分の家などの個人情報を知らない間に暴露してしまう
ことを、専門家は懸念しています。


ほとんどの携帯機器では、GPS機能がついていないため、
EXIFのジオタギング(地図位置情報を付与すること)を無視します。
ところが多くのスマートフォン、AppleのiPhoneや、
GoogleのAndroidを搭載しているものなどは、この機能がついています。


AppleやGoogleのシステムは、サービスを提供するために一回または
数回位置情報にアクセスしてよいか聞いてくるでしょう。
OKとクリックすると、撮影されたあらゆる写真は、位置情報をつけられるのです。


スマートフォンは急速に普及し、FacebookやFlickrなどには何百万の写真が
アップロードされています。そしてそれらの写真にはGPSデータが付与されているとは
ユーザーは考えもしません。


写真の位置情報は、iPhotoやPicasaのような簡単なソフトで
位置情報が地図上に表記されてしまうのです。


Flickr, Photobucket, Picasa Web Albumsやまた他の共有フォトサービスに
アップロードするときは、この点を十分考慮に入れる必要があります。
(Facebookは、個人情報保護の観点より、
写真からEXIF情報を剥いでいます。)
共有フォトサービスからダウンロードした写真を
AdobePhotoshopや、新しいMacやWindows7に付属のソフトで
簡単に位置情報が手に入れられるのです。


GPSデータを見られるのを好まないユーザーは、
カメラでEXIF情報をオフにするか、Photoshopなどの
ソフトでEXIF情報を消すことができます。


Facebookや、TwitPicYfrogでは、
オリジナルのままがいいというユーザーの申し出がなければ
EXIF情報を取ってWEBに載せています。


もっともYfrogだけは、プライバシー保護の観点からではなく、
システムの自動画像最適化の副産物でEXIF情報がとれています。

CNN Tech 特集記事 2010/10/15より
http://edition.cnn.com/2010/TECH/web/10/15/photo.gps.privacy/index.html?iref=NS1

※PhotoshopによるEXIF情報の消し方は、
ADOBE FOLUMN
参照のこと。


うっかりそのままUPLOADすると、怖いですね。









スポンサーサイト



テーマ : 携帯から撮った写真。
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
アンケート
月別アーカイブ
お名前.com
リンク
RSSリンクの表示
google
MicroAD
ninja
忍者アド
広がるブログ
blomotion
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに換金可能なポイントを差し上げます。
wadax
ブログ村
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ブログランキングドットネット
リンクリックブログランキング
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

AMAZON
カラーミーショップ
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ぐるなび
中古DVD
QRコード
QR
SEO