FC2ブログ

Flex sdk とFlashDevelop とPapervision3d


 ここ数日、Flex sdkFlashdevelopPapervision3dで、お金をかけず、3DFlashの勉強をしようと、

環境設定してたのですが、ネットで調べると、flexのframeworksのconfigのsourcepathのコメントアウトを抜いて、

ちゃんとpathをいれなければならないとか、そうじゃなくsourcesというフォルダ作って、その中に

Papervision3dのsrc以下を入れればOkとか、swfファイルへの書き出しは、コマンドライン使ってうんぬんとか、

もうめちゃめちゃ面倒くさい手順で、しかも書き出しにエラーが出たりしてうんざりしてました。

んで、今日は本屋でとうとうPapervision3d入門(エクスナレッジ出版 池田泰延著)を買って、一からやりなおし。

flex_sdkも4にして、Papervisionも新しいversionをSubversionで取り入れる。


Papervision3Dは、Tortoise SVNってのをダウンロードしてきて 


デスクトップかどこかに、空のフォルダをつくって、右クリックしたら、Tortoise SVNっていうメニューが出るの

で、そこのRepo_Browserに http://papervision3d.googlecode.com/svn/trunk/as3/trunk/

ここをコピぺして、SVNチェックアウトすれば終わり。詳しくはhttp://sourceforge.jp/magazine/08/08/29/0550232/2

に、分かりやすく出てます。

flex_sdk は http://opensource.adobe.com/wiki/display/flexsdk/Downloads

からFree Flex sdk 4 をダウンロード。

ダウンロードしたらCドライブ直下にflex_sdkというフォルダ名で中身ごと置きます。

で、FlashDevelopを立ち上げて、(この時点でデバッグ用以外にちゃんとflashplayer10が別に入ってないと、

プログラム一覧にFlashDevelopが出ない。)

ツールバーの一番下を選んで
flex1

flashplayerのversionを10に flex_sdk locationも C:\flex_sdkに変える。

ついでにFlashDevelopを日本語にするのにflex2

言語をJp_jpにする。

ここまででviewerがうまくきいているかどうか確める

右横の画面から、src>Main.asを開いて、中になんでもいいからプログラムを入れてみる。







スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
アンケート
月別アーカイブ
お名前.com
リンク
RSSリンクの表示
google
MicroAD
ninja
忍者アド
広がるブログ
blomotion
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに換金可能なポイントを差し上げます。
wadax
ブログ村
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ブログランキングドットネット
リンクリックブログランキング
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

AMAZON
カラーミーショップ
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ぐるなび
中古DVD
QRコード
QR
SEO