FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋

高校に入り教室に入ってすぐに、
彼は私の興味を全て根こそぎもっていきました。

彼は机につっぷして、誰とも喋りたくなさそうにうずくまり、
自己紹介を促されたときも、渋々立ち上がって名前だけをいうと、
すぐにまた元の姿勢に戻りました。
休み時間も、長い昼休みも。
明くる日も、そのまたあくる日も。

もう、何を考えているのか知りたくて知りたくて、たまらなかった私は、
彼が写真部に入部したと聞き、速攻で入部届けを出す始末。

写真部でも彼は一人暗室にとじこもりきりで、
誰とも話して仲良くなろうとしません。

でもそんな彼になぜか私は孤高の美を見出してしまって、
もうどうにも止まらない。

ある日暗室で放課後ずっと待ち、やっと二人きりで暗室に。
現像も何も出来ない私は、
彼のあらゆる仕草を赤いランプの中で、目を凝らして見つめています。

彼が一枚の写真を現像液の中に浸しましたが、何もでてきません。
そのうち、それを放って他の写真にとりかかったので、
私は彼に「何が映っているの?」と答えも期待せずに問いかけました。
「雪原の白兎」と答えが返ってきて、私は逆に驚きました。

それで彼が暗室を出て行った後も、雪原の白兎を見るために、
現像液の中で揺らせ続けました。
するとしばらくして彼がもどってきたので、彼に言いました。
「何もでてこない・・・」
「・・・可愛いね」
そう言ってまた彼はどこかに行ってしまい、
その日はもう帰ってしまったようでした。

そこで私は気が付きました。
「雪原の白兎」って「闇夜のカラス」の逆じゃん!
そう、真っ白な印画紙は、何も映っていないフィルムだったのです。

でも彼の声が聞けたこととで、これは!!もしかしたら行けるかもしれないと私は思いました。
なぜか「可愛い」と言われたことは、そう嬉しくなくて、むしろからかわれているか、
馬鹿にされているのだろうと思いましたが、
私の中では、彼は孤高の人、俗人な私など歯牙にかけなくて当然と、
考えました。

あくる日から、私は超広大な計画を練りました。
題して「友達から始めよう作戦」、
とにかく友達が一人もいない彼の唯一の友達になれれば、
彼女になる日も近いと、お馬鹿な私は考え、
まずは毎休み時間に一つだけ質問に、彼の机の所にいくことにしました。

「誕生日は?」
「血液型は?」
「お父さんの名前は?」

もうしらみつぶしのプロフィール集めです。
それを十ヵ月続けたら、
ある日彼は京都に一人で撮影旅行にいった際のお土産といって、
お守りをくれました。

おおお、これは!旅行に行って私のことを考えてくれるとはもうかなり!
と思うや否や、彼は横浜に一緒に写真を撮りにいかないか?と
誘ってきました。
もう心の中は、なにかいけないものが舞い上がってます。

それから度々誘われ、デートらしい撮影旅行をしましたが、
「これってつきあってる?」と聞けるまで
私にはあと2年と6ヶ月必要でした。

つき合ってる事が証明されるころには、もう高校卒業となり、
二人で話し合って、担任に将来仲人になってくれと言いにいきました。

大学は別のところに行っていましたが、ほぼ毎日待ち合わせては、
喫茶店でおしゃべりをしていました。
ある日彼はバイトして貯めたお金で、婚約指輪を買ってきました。

しかしなんと二人は恐ろしい事に、まだプラトニックだったのです。
手を繋ぎはしたものの。
キスすらしたことがない。なのに婚約している。
私は苦悩しました。このままいくとやっぱり、結婚してからになりそうだと。

しかし私は彼と出会う前に経験があったりしたのです。
ああー恐ろしい、このままだと必ず彼は処女を期待している。

結婚する前に発覚して、それなら嫌だというんならそれでも構いませんが、
結婚されてから発覚したんでは、私が騙したかのようです。

大学1年の夏休み、私はある計画を実行することにしました。
題して「かならず性関係もつぞ作戦」

この計画のために私は綿密にある台本を用意しました。
その台本は、恋人同士の二人がはじめてキスをして、深い関係になる
話ですが、いろいろ小細工を弄して、それは散りばめられており、
ぱっと見には、それが目的の台本には見えないようにしてあります。

そう、それを読み合わせてもらえば、
なんとなく変な空気が二人に流れて、
かならずや!

そしてまた恐ろしい事に、その試みは成功してしまうのです。
行為を終えて、私は成功感に満ち溢れていたときに、
かれは言いました。「もういちど、していい?」

そこで何かが私の中で、音を立てて崩れました。
駄目です、孤高の人はそんな台詞を言ってはいけないのです。
もっとも気になったのは「していい?」の部分です。

これは後年になっても、何ともいえない違和感として残っているのですが
「抱いていい?」ともし、言ってくれてたなら、何かが変わったはず。
「していい?」じゃだめなんです!

そこで私は、私が恋し焦がれていたのは現実の目の前の彼ではなく、
自分の中に造り続けた彼の幻像だったことに気が付いてしまったのです。
こうして恋は終わりました。

酷い話ですが、一方的に婚約を破棄し、
多分彼には相当恨まれたことでしょう。

それでも数年後もういちどだけ、という彼の望みをかなえて、
付き合いなおし、合計7年以上付き合ったのですが、
私はあの時に、恋を失って以降は、
恋することができなくなっていたのです。

それでも今でも週に一度以上は彼の夢を見ます。
夢の中の私は、彼にくびったけです。
いつもどうやって振り向いてもらおうか考えていたり、
酷いことをしてごめんなさい、でも愛していると叫んでいたりします。




end.
スポンサーサイト

他所のブログがメンテ中のためこちらにUP、備忘録。

 米航空宇宙局(NASA)が大気中から採取した彗星のちりの中に、新種の鉱物が
 含まれていることが分かった。


「それでこれが?」
「ああ、新種だ、間違いなく」
「成分分析は全て終わったの?」


 女性研究員は、担当研究員が持ってきたレポートに目を通しながら、尋ねる。
 目の前で頷く担当研究員に、レポートを返して、女性研究員が言う。


「では、これをチームにもどして」


 彼女が言うチームとは、NASA宇宙センターの国際研究チームのことだ。
 担当研究員は軽く会釈して、彼女の研究室から出て行く。


********


 もう長い事、こうしてずっと凍りついた大地の底に押し込められている。
 どのくらいの日月が経ったのか定かではない。
 もう途中で、数える事すら馬鹿らしいと止めてしまったのだ。
 
 あの懐かしい青碧眼の幼き主を考えて、
 失われた日々を悔恨とともに思い起こしながら、
 涙すら瞬時に凍りつくこの暗闇の中で、
 永劫の苦痛と怠惰な倦怠に苛まされている。


********


茶色の髪の制服を着くずした高校生らしき男が、
蒼く髪を染めて暗い目をした少年に話しかける。

「なにそれ、いい色になってんじゃん」

「うっさいな」

「生意気したい年頃ってか?」


 少年が遊んでいた車のゲームのハンドルを、
 思いっきり蹴っ飛ばして、
 画面の中の少年の車はコースアウトし、
 スピンし続けてコース外壁に当たって止まった。


「邪魔すんなよ」


 そう言って、蒼い髪の少年はゲームの車のシートから降り立って、
 高校生に背中を向けて歩き始めた。
 その肩を後ろから掴んで、茶髪の少年が言う。


「遊び続けたいんなら、金少し貸してくれよ」

「やだよ、稼げ、自分で」


 肩を掴まれた手をうざったさそうに振り払いながら、
 少年は高校生を睨んで言う。


「お前じゃあるまいし、稼げっかよ」
 

 茶髪の高校生は、意味ありげな顔をして、
 蒼い髪の少年の顔を覗きこみ、
 嘲りの表情を浮かべる。
 

「コンビ二ででもバイトしろ」

「嘘、マジでそんな事、俺に勧めてくれるワケ?」
 

 茶髪の高校生はふざけた笑いをし続けながら、
 蒼い髪の少年の顎を掴んで、
 その口端に殴られたような青痣があるのに気がついた。
 

「何、殴られてんだよ」

「関係ないだろ、離せよ、いい加減」

 
 手を振り払って、蒼い髪の少年はすたすたと歩いて、
 その場を立ち去って行こうとする。


*********

「さてと私はこの子の味をたっぷり賞味させてもらうこととしよう、
 また連絡するよ」

 
 フォン・ビューロー侯爵は後ろの男にそう告げて、
 シエルの腰にぴったりと掌をあてながら席を立ち、
 シエルを伴って広間を出る。


 ・・・そのトカゲのような手を離せ。
 気色の悪い・・・


 広間の他の客は、部屋を出ようとするシエルに気づき、
 みなじろじろと不躾な視線で、
 服を脱がしその中身を査定するかのように見つめている。


 ・・・いやらしい目つきで、
 僕を見つめるのをやめろ、
 本当にこの客達は腐ってる。
 ところでどのタイミングで薬を盛るか
 考えておかないと、身の破滅だ・・・

 
 シエルは自分を伴い歩く小太りだが、背丈は平均並にある、
 男を観察する。
 髪はやや後退して、広い額を見せ、
 白髪交じりの薄茶色の髪をしている。
 手足は脂肪がついて、短く見えた。

 顔は野心のありそうな肉食獣のような瞳を別とすれば、
 取り立てて目を惹くところはない。
 町の肉屋の主人だといわれれば、
 はいそうですかと納得できそうな顔だ。


 いまのシエルの立場から、この男が肉屋になって、
 これから冷凍庫から吊るした牛肉の塊を切り出すところが
 容易に想像できた。

 決して愛想のいい主人タイプではない。
 黙々と屠殺して、
 カウンターに肉をならべていそうな男だ。


 自分の宿泊する客間の鍵を外して、
 シエルを中にいれすかさず鍵をかける。


 ・・・鍵など何の意味もないのに・・・


 部屋の中でシエルは、
 薬を入れられそうな飲み物がないか、
 すぐにチェックし始めた。


 ベッドサイドの水差しか、
 飲み物用の棚には幾多の酒瓶がおいてあり、
 どれと決めて事前に入れるのは難しそうだ。


 フォン・ビューローはさっさと上着を脱ぎ捨て、
 ソファーに腰掛けて、立ち尽くすシエルを呼ぶ。


「こっちにおいで、
 そんなとこに、つっ立ってないで」
 

「何かお飲み物でも・・・」


「別にいい」


 フォン・ビューロー侯爵は、
 動こうとしないシエルに苛立ち、
 つかつかと近づいて、シエルの腕を強引に引っ張り、
 ソファーに座らせた。

 また撫で回される感覚に、気色の悪さで、
 悲鳴を上げそうになりながら、
 必死に薬を飲ませようと、シエルは考えをめぐらせている。



「すみません、僕、喉が渇いちゃって」

「男娼が偉そうに」


 吐き捨てるように言われた、
 頭をがつんと殴られるような侮蔑の言葉に、
 一瞬にしてシエルは顔色を失う。
 怒りでシエルの身体は、震えてきた。


「こんなに震えて、
 初めてというわけでもあるまいに」


 そう言いながら、半ズボンの上からその部分を撫でられて、
 思わずシエルは声大きく怒鳴る。


「やめろっ!」


 その瞬間男の強烈な張り手が、シエルの顔に直撃した。

*******


Kingdoms of Camelot 2番目、3番目以降の都市の作り方


Kingdoms of Camelot 2番目、3番目以降の都市の作り方


Kingdoms of Camelot 王国を築こう!Facebookのゲームアプリです。

今回は2番目と3番目以降の都市の作り方と、クレストハンティングの極意です

その前までのは
紹介編はこちら
インストール編はこちら
軍事力(未開地開発)編はこちら
戦争編 攻撃はこちら
戦争編 防衛はこちら
徴兵裏技編 はこちら

Kingdoms of Camelot で2番目の都市の証書をもらうには、
Facebookの友達を5人、招待する必要があります。
cam42.jpg
招待した友達は、騎士ホールで騎士団に任命することで、
街づくりの役職や、各地を攻める際の騎士になります。

実際街づくりを進めていくと、3番目4番目以降の街づくり(最大5個まで)
で騎士が沢山必要となっていきます。
まず各都市で親方・元帥・錬金術的・執事を任命します。
(錬金術の館を3番目以降の都市で作らない場合は、それを抜かす)

騎士のレベルアップごとにスキルを振ることができます。
cam43.jpg

親方は政治に、元帥は戦闘、錬金術的は知能、執事は研究にスキルを振りましょう。
早くに騎士に任命して、早く騎士ホールをレベルUPさせておくと、
騎士のレベルが高くなります。

騎士のスキルはそれぞれの仕事の効率を現します。

たとえば戦闘66の騎士に率いられた軍隊の能力は 66%。
戦闘147の場合は、147%になります。

必要な友達の数を招待すると、クエストの2番目の都市の証書を得るが達成され、
都市の証書が手に入ります。

次に未開地の枠を1つ空けて、平原を征服します。
征服した平原をクリックすると、2番目の都市ができあがります。


3番目以降の都市にはクレストが必要になります。
cam44.jpg

クレストは、レベル5以上の未開地を征服するとランダムでもらえます。
(かなりレアです)
cam45.jpg

(先に作った1番目の都市と2番目の都市の切り替え画面のタブの横にある
3番目の都市をクリックすると3番目の都市にあと必要なクレストが表示されます
cam46.jpg

各クレストには出現するレベルの未開地があらかじめ決まっています。

ボア卿のクレスト Sir Bor's Crest: Levels 5-7
エクター卿    Sir Ector's Crest: Levels 5-7
カイ卿      Sir Kay's Crest: Levels 5-8
ベディベーレ卿  Sir Bedivere's Crest: Levels 6-8
ガーウィン卿   Sir Gawain's Crest: Levels 6-8
パーシバル卿   Sir Percival's Crest: Levels 7-9
ギャラハド卿   Sir Galahad's Crest: Levels 7-9
ランスロット卿  Sir Lancelot's Crest: Levels 7-9
キングアーサー  King Arthur's Crest: Levels 8-10
Morgana's Seal: Levels 8-10
Mordred's Seal: Levels 8-10

クレストは、城の未開地の枠を一つ開けておかないと手に入りません。
征服した状態でのみゲットできる)

戦闘後メールボックスのリポートで、クレストが手に入ったかどうか確認できます。

cam47.jpg

クレストを手に入れるためには、まず未開地征服に派遣する騎士の忠制度を100にします
(騎士ホールで私の騎士から、騎士一覧の中の忠誠心の下にある褒美ボタンを押す)

cam48.jpg

褒美は15分に1度与えることができます。

そして、第2波の兵に損害がでないレベルの未開地を選びます。
(第1波は罠を壊すための民兵と、第2波までの時間調整用の足の遅いユニット一つで構成し、
これは必ず損失します)
第1波と第2波の到着時刻は1秒~15秒以内になるように調整します。
(各レベルでの必要な詳しい戦力についてはこちら

一度征服した未開地を放棄して、また攻める際、1時間以内はクレストは落ちません。
(罠や戦力も1時間以内は回復しません)
一度征服した未開地を1時間以内に50回以上攻めてから、他の未開地を攻めると
クレストの落ちる確率が2倍になります。
(200回以上で4倍)






テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

Kingdoms of Camelot メルリンコインの裏技


Kingdoms of Camelot メルリンコインの裏技



今回はメルリンマジカルトークンの当て方の裏技を紹介します。


その前までのは
紹介編はこちら
インストール編はこちら
軍事力(未開地開発)編はこちら
戦争編 攻撃はこちら
戦争編 防衛はこちら
徴兵裏技編 はこちら

メルリンのコインの入っている箱は、毎日1度ドメインごとに配られます。
またKingsdom of Camelot友達のFacebookのウォールに貼られている
友達の建造を手伝うことでももらえます。

FBのウオールポストで手伝ってコインをもらうのは、一日数回もらえます
(ある程度時間をあける)
また新規に友達になった人のポストや、違うドメインの人、
またブラウザを返ることで再度もらえます。

Merlin's Magical Tokensはこのように、毎回ランダムで5×5に配置されています。
(毎日友達にフリーのギフトを配ることで、鍵のついた箱も見えるようになります。)


cam41.jpg

この5×5の初期配置から移動する先はチェスのナイトの動き
(将棋の桂馬の動きで上下左右)になります。

たとえば

0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
0 0 x 0 0
0 0 0 0 0
0 0 0 0 0

このxのところに欲しいトークンがあったとすると、
移動する先は

0 x 0 x 0
x 0 0 0 x
0 0 x 0 0
x 0 0 0 x
0 x 0 x 0
(初期配置も含む)
このxの場所になります。

このxを開くことで7分の1の確率で手に入ることになります、

応用法としては、真隣の上下左右を開かないこと。

または、欲しくないトークンの真隣の上下左右を開くこと。

などがあります。



テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

Kingdoms of Camelot 徴兵裏技編


Kingdoms of Camelot 王国を築こう!徴兵裏技編


Kingdoms of Camelot はFacebookのゲームアプリです

今回は徴兵での裏技を紹介します。

その前までのは
紹介編はこちら
インストール編はこちら
軍事力(未開地開発)編はこちら
戦争編 攻撃はこちら
戦争編 防衛はこちら

徴兵は、兵舎で行いますが、
まず十分な量の働いていない人と食料を確保
(小屋のLVupと農場を確保)

兵舎の数を10個以上にして、
徴兵したい種類の兵を民兵1を交互に訓練するキューにいれます。



cam40.jpg
これ以上入りませんというメッセージが出るまで、これを繰り返します。

そしてF5を押して一度画面をリフレッシュします。
つぎに一番目の兵が出来上がるのをまって、
すぐに全ての民兵をキャンセルして、
F5を押します。
それぞれまたできあがるごとにF5を押すと、
短い時間で兵を作ることができます。

タイミングによって上手くいかないこともあります。

テーマ : ゲーム
ジャンル : ゲーム

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
アンケート
月別アーカイブ
お名前.com
リンク
RSSリンクの表示
google
MicroAD
ninja
忍者アド
広がるブログ
blomotion
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
プレスブログ
[プレスブログ]価値あるブログに換金可能なポイントを差し上げます。
wadax
ブログ村
フリーエリア
人気ブログランキングへ
ブログランキングドットネット
リンクリックブログランキング
フリーエリア
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

AMAZON
カラーミーショップ
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
ぐるなび
中古DVD
QRコード
QR
SEO
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。